建築サプライヤーって住宅メーカーです

建築サプライヤーとは日本では、「住宅メーカー」という呼び名の方が浸透していると思うが全国展開する住宅会社のことである。 住宅だけでなく、アパートやマンションなどの集合住宅や、高層ビルなどを手がけている。 こういった大手建築サプライヤーは工場で部材を加工し、現場に搬入して家を建てるプレハブ工法や、ツーバイフォー工法、ユニット工法など様々な工法を持ち合わせて建築していくのが特徴である。

工法について

ツーバイフォー工法

日本名は「木造枠組壁工法」と呼ばれており、欧米では標準的な木造住宅の工法である。
建物の骨組を構成する部材のうち、2インチx4インチの断面の部材を多く使うことから2x4(ツーバイフォー)工法と呼ばれている。
この工法は、工期。耐震性・耐久性に優れ気密性・断熱性も高めることができる、いいことずくめの工法である。
プレハブ工法

あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工をせず、組み立てていく工法のことである。
使用する建材や設置に要する時間を徹底的に軽減できることができるというメリットがある。
東日本大震災にも応急仮設住宅としてプレバブ工法が使われている。
工場で加工された状態で搬入されているので、現場で融通が効きにくく、また耐久性などの低さなどがデメリットとしてあげられるだろう。